世界史教室

大学受験生のための世界史問題解説

過去問センターワンフレーズ論述参考書疑問

一橋世界史2022

第1問
 次の文章は、神聖ローマ帝国の皇帝フリードリヒ1世(バルバロッサ)が1158年にイタリア北部のロンカリアで発した勅法「ハビタ」の全文である。この文章を読んで、問いに答えなさい。

 皇帝フリードリヒは、諸司教、諸修道院長諸侯、諸裁判官およびわが宮宰達の入念なる助言にもとづき、学問を修めるために旅する学生達、およびとくに神聖なる市民法の教師達に、次の如き慈悲深き恩恵を与える。すなわち、彼等もしくは彼等の使者が、学問を修める場所に安全におもむき、そこに安全に滞在し得るものとする。
 朕が思うには、善を行う者達は、朕の称讃と保護を受けるものであって、学識によって世人を啓発し、神と神の下僕なる朕に恭順せしめ、朕の臣民を教え導く彼等を、特別なる加護によって、すべての不正から保護するものである。彼等は、学問を愛するが故に、異邦人となり、富を失い、困窮し、あるいは生命の危険にさらされ、全く堪えがたいことだが、しばしば理由もなく貪欲な人々によって、身体に危害を加えられているが、こうした彼等を憐れまぬ者はいないであろう。
 このような理由により、朕は永久に有効である法規によって、何人も、学生達に敢えて不正を働き、学生達の同国人の債務のために損害を与えぬことを命ずる。こうした不法は悪い慣習によって生じたと聞いている。
 今後、この神聖な法規に違反した者は、その損害を補填しないかぎり、その都市の長官に四倍額の賠償金を支払い、さらに何等の特別な判決なくして当然に、破廉恥の罪によってその身分を失うことになることが知られるべきである。
 しかしながら、学生達を法廷に訴え出ようと欲する者は、学生達の選択にしたがい、朕が裁判権を与えた、彼等の師もしくは博士または都市の司教に、訴え出るものとする。このほかの裁判官に学生達を訴え出ることを企てた者は、訴因が正当であっても、敗訴することになる。朕はこの法規を勅法集第四巻第一三章に挿入することを命ずる。
 (勝田有恒「最古の大学特許状 Authenticum、Habita」『一橋論叢』第69巻第1号より引用。但し、一部改変)

問い この勅法が発せられた文化的・政治的状況を説明しなさい。その際、下記の語句を必ず使用し.その語句に下線を引きなさい。(400字以内)

     ボローニャ大学 自治都市

第2問
 次の文章を読んで、問いに答えなさい。

 考えてみれば、歴史を通じて、公共投資とインフラが文字通り米国を変革してきた。我々の態度と機会を。大陸横断鉄道や州間ハイウエーが2つの大洋をつなぎ、米国にまったく新しい前進の時代をもたらした。
 全国民への公立学校と大学進学援助が機会への扉を広く開いてきた。科学の大躍進が我々を月に、そして今では火星に送り、ワクチンを発見し、インターネットなど多くの技術革新を可能にしてきた。これらは国家として力を合わせて実施した投資であり、政府のみができる立場にあった。こうした投資は、何度となく我々を未
来へ進ませてくれた。
 一世代に一度の米国自身への投資である「米国雇用計画」を提案しているのはそのためだ。これは第2次世界大戦以来最大の雇用計画だ。交通インフラを更新するための雇用、道路、橋、高速道路を近代化するための雇用、港、空港、鉄道網、交通機関路線を建設するための雇用を生み出す。
 (中略)
 米国雇用計画は、何百万もの人々が仕事やキャリアに戻れるよう支援する。このパンデミック(世界的大流行)の間に、200万人の女性が仕事を辞めた。200万人だ。子供や助けが必要な高齢者を世話するために必要な支援を受けられなかったため、という理由が余りにも多い。80万もの家族が、高齢の親や障害を持つ家族を自宅で世話するサービスを受けるための(低所得層向けの公的医療保険である)メディケイドの待機リストに載っている。あなたがこれを重要でないと思うなら、自分の選挙区の状況を確認してほしい。
 (「全文で振り返るバイデン氏議会演説」『日本経済新聞』電子版、2021年5月5日より引用。但し、一部改変)。

問い
 下線部からは、この演説が、「米国雇用計画」に比肩しうるような20世紀アメリカの経済政策念頭に置いていることがうかがえる。この20世紀アメリカの経済政策は、それ以降のアメリカの経済政策の基調を作った。しかし、ごうした方向性の政策は、その後、強く批判されるようになる。この20世紀の経済政策の内容とそれが実施されだ背景について論じたうえで、それ以降の経済政策への影響を説明しなさい。また、それが、なぜ、どのような理由から批判されるようになったのかについても説明しなさい。(400字以内)

第3問
 次の文章を読んで、問いに答えなさい。(問1から問3まですべてで400字以内)

 光化門広場はソウル市民の憩いの場であり、多くの観光客が訪れる名所である。一方、ここは社会運動が活発である現在の韓国社会を象徴する空間でもある。2014年にセウォル号沈没事故が発生した際には、犠牲者の追悼や事故の責任を追及するデモがおこなわれた。さらに、2016〜2017年には、当時の朴樺恵大統領の退陣を求めて、火を灯したろうそくを持った市民が光化門広場などでたびたびデモを実施し、同大統領は罷免されるに至った。韓国で、このプロセスは「ろうそく革命」と呼ばれており、20世紀後半の(a)民主化運動を継承したものと評価されている。
 光化門広場の奥には、朝鮮王朝の始祖・李成桂が漢城(ソウル)に建造した王宮・景福宮がある(光化門は景福宮の正門である)。近年は、韓国のアーティストBTSがここでパフォーマンスを披露したことでも話題になった。きらびやかなイメージのある景福宮だが、その歩んできた道のりは決して平坦なものではなかった。まず、1592年に景福宮の建造物の多くが(b)戦乱のなかで消失した。再建されたのは19世紀半ばのことである。さらに、1894年に景福宮は(c)日清戦争開戦に先立って日本軍に占領され、1895年には日本の朝鮮公使・三浦梧楼らの計画による朝鮮王妃(閔妃、明成皇后)殺害事件の現場ともなった。「韓国併合」後には.日本は景福宮の建造物を撤去し、その敷地内に朝鮮総督府の庁舎を建設した。そして、植民地支配からの解放50年を迎えた1995年以降、朝鮮総督府旧庁舎が撤去された。現在、景福宮の復元事業は大部分が完了している。

問1 下線部(a)に関して、1979年から1980年までの韓国における政治の動向について述べなさい。
問2 下線部(b)が示す戦乱(1592〜1598年)の朝鮮側における名称を記したうえで、この戦乱の展開過程、また、この戦乱が明に与えた影響について述べなさい。
問3 下線部(C)に関して、1880年代から1894年までの朝鮮・清・日本の関係について述べなさい。
………………………………………
コメントは後日